[[[ ただいま作成中 ]]]
                                [ もどる

 

 まず、ここでいう「ネステレンコ論文」ですがそれは、

ECCR Chernobyl 20 Years On 」(英語論文集 PDFフィル全259ページ。3,954KBと大容量pdfなので閲覧・DLは注意)所蔵のネステレンコ父子による論文「第12章 チェルノブイリ大災害20年後のベラルーシにおける放射線生態学的な結果と人口の長期放射線防護の必要性 CHPTER 12 Radio-Ecological Consequences in Belarus 20 Years After the Chernobyl Catastrophe and the Necessity of Long-Term Radiation Protection for the Population」中の「第1章 ベラルーシの住民に対する短期放射線防護措置の実施の分析 1. Analysis of the implementation of short-term radiation protection measures for the Belarusian population」

をさしています(P.185〜p.210、pdfファイルではP.193〜p.218)。ですので、あくまでこのサイト内での便宜的な呼称です。

 また、どうしてその部分を翻訳したかの理由については、こちら(のパート2の「ついでに〜」)とこちらにそのきっかけ(=チェルノブイリ事故後の“そのこと”について詳しく知りたい!という思い)を記載。・・・で、たしかに、その種の“実験”を思わせる記述になっていますね。

 
 <以下は、「ネステレンコ論文」の抄訳>

         〔掲出準備中〕 

 <以上>

いまフクシマで進行中の避難しない(できない)生活実態が、重なって見えてしまいます。


もどる
inserted by FC2 system