[[[ ただいま準備中 ]]]

                               [ もどる

 

       ■ 目  次 ■

: 福一事故と原発関連記事のまとめ(分類前の時系列リスト)

: NWO関連記事のまとめ(分類前の時系列リスト)

: 小論『中共中国の詰んだ現状と近未来』に関するバックデータのまとめ(分類前の時系列リスト)

: 売国・亡国動向(日本乗っ取り)ならびに反日情況関連記事のまとめ(分類前の時系列リスト)

: 波動循環型多様共生社会の創生について〔模索編〕のバックデータのまとめ

: 能の気配、神の気配に関する記事のまとめ

: 電子出版に関する記事のまとめ

 


 

福一事故と原発関連記事のまとめ(分類前の時系列リスト)         目次へ
 ・以下の項目に沿って「参考までに」など関連URLの項目別リスト化

 Ⅰ:被曝関連
  「フクイチ事故由来の内部被曝と健康被害」
  「健康調査という名の低線量被曝経過に関する社会実験」
  「放射能による食品汚染と流通状況」
  「除染と環境汚染状況」
  「フクシマからの避難と帰還」
  「放射性ガレキの拡散とその後」

 Ⅱ:核技術関連
  「フクイチ事故対応の現状」
  「フクイチ事故の真相究明」
  「チェルノブイリに関すること」
  「放射能の基礎知識」

 Ⅲ:核発電事業関連
  「原発金まみれの実態」
  「電力会社のイビツな姿~地域独占・発送電独占・総括原価方式・核開発能力保持~」
  「核発電と核燃料サイクルと核開発」
  「原発と労働環境」

 

:■現進NWO関連備忘記事の抽出とまとめ〔01〕
  ■現進NWO関連備忘記事の抽出とまとめ〔02〕
  ■現進NWO関連備忘記事の抽出とまとめ〔03〕
  ■現進NWO関連備忘記事の抽出とまとめ〔04〕
  ■現進NWO関連備忘記事の抽出とまとめ〔05〕
  ■現進NWO関連備忘記事の抽出とまとめ〔06〕
  ■現進NWO関連備忘記事の抽出とまとめ〔07〕         目次へ
   ※ 上掲ブログエントリ内に抽出した記事タイトルを下記項目にもカテゴライズする(可能ならば)

◆カテゴリー1:軍事力関連
 ・対テロ戦争とNWO
 ・小型核爆弾の拡散
 ・生物化学兵器開発
 ・無人機による攻撃とロボット兵器投入
 ・地震兵器と電磁気低周波発生・制御基地
 ・国連常任理事国を含めない核廃絶運動

◆カテゴリー2:医療・公衆衛生関連
 ・パンデミックの怪
 ・鳥インフルエンザ(H5N1)の人間感染
 ・ワクチン投与の闇の領域
 ・不妊治療の闇の領域
 ・遺伝子治療の死角
 ・再生医療の死角
 ・クローン人間の製造

◆カテゴリー3:エネルギー・テクノロジー関連
 ・二酸化炭素過剰排出(CO2のみ悪玉論)による地球温暖化のウソ
 ・原子力発電と核開発
 ・遺伝子組み換えによる食品・食材の製造
 ・航空機による気象操作技術と有害化学物質の大気圏散布(ケムトレイル)
 ・新エネルギー関連技術の非公開状況
 ・食糧危機と飢饉の原因

カテゴリー4:国際政治経済関連
 ・中東紛争とシオニズム
 ・金融グローバリズムの目指すもの
   →世界統一政府を下支えし背後から操縦する多国籍企業体に管理される
    (世界人口大幅削減後の)総人口10億人ていどの地球ブロック別人間牧場社会
 ・各国中央銀行と世界銀行 改め、中央銀行システムと国家デフォルト
 ・G20と大地域構想
 ・国際共通通貨創設の動向

 ↑

 

小論『中共中国の詰んだ現状と近未来』に関するバックデータのまとめ(分類前の時系列リスト)         目次へ
 ・「中共中国“坊”王朝シリーズ」を中心に関連記事をまとめる
 ・上記以外のMyブログ記事からの拾い出し
 ・関連サイトにリンク(その際の細項目としては↓)
  ・一党独裁体制の限界
  ・国内情報統制…「言論の自由」の封殺
  ・人民の不満を(中共の失政ではなく)国外に向ける「反日」国是
  ・民主化運動の弾圧
  ・チベット、ウズベキスタン、内モンゴルの政治的抵抗の弾圧
  ・尖閣諸島、南沙諸島海域に対する露骨な侵攻…軍事大国への途
  ・虚偽の統計による経済成長の演出
  ・貧富の格差…共産党員の貴族化
  ・汚職の蔓延
  ・共産党幹部の海外での資産保有…国富の私物化
  ・「影の銀行」による闇の金融取引…シャドーバンキングの隠し持つ巨大負債
  ・見せかけの“超巨大な”国内消費市場とその脆弱性
       《「見せかけの超巨大消費市場」についての仮説 》…以下はそのアウトライン
 中共の一党独裁体制を維持するために、富の再分配・再々分配をおこなって、豊かな分厚い中間層(中流階級)づくりは行なわない。共産党貴族の私財化と過剰な軍事費投入とアフリカを主力とした資源開発と市場開拓への先行投資。そして従来型の東部沿岸都市部に偏重した“発展”奨励路線を踏んでゆくことになる。したがって、13億人もの広大で旺盛な消費者市場が、人民生活の底上げ期待で育成されることは、ない。
 なぜなら、そのような分厚い中間層を形成するということは、とりもなおさず、現行の共産党一党独裁体制を危うくすることに直結するからだ。10億人にも及ぼうとする膨大な数の人民を日々の生活に汲々とする状態においておかないと、せっかく手にした中共貴族階級の豪勢な生活を末永く安心してエンジョイすることはできないからだ。
 またこのことは、中共貴族の巨大な賄賂収入による極端な富の偏在が、たんに個人的な強欲にかられた現象だけでなく、中共の独裁権力の維持をより安定的に維持するのに必要な、いわばそれが統治(人民支配)のためのサブシステムとなっているという隠れた働きがある。
 このため、人民全体の底上げ式の所得増による生活向上がかの国で顕在化することはなく、国富(GDPの果実)はそのまま中共幹部連中の海外での莫大な蓄財、膨れ上がる軍事費(その一環としての宇宙開発費も含まれる)、そしてアフリカ等での資源調達を企図した海外プラント建設への投資といった、国力増大=権力強化に転化していくだけの使途に限られる。
 よって、13億人に対して満遍なく開かれた超巨大な消費者市場は、すくなくとも中共支配下で育成されることはなく、ボトムアップ式に自然発生することももちろんない。
 繰り返すけれども、その施策は中共自らの死を意味するからだ。彼らは、中国全土から一斉に湧き起こる広範な民主化運動によって政権を転覆されやすい環境を――あるいは人民に広く財力を持たせることで、皮肉にも伝統的な易姓革命中共王朝に仕掛けやすい環境を――自らすすんで用意するような愚は、決して犯さない。
 ただし当局が、上記の理由から市場規模を人口の半分以下に抑えたとしても、なお5~6億人ていどの盛況な“巨大”市場が育つ可能性はある。しかしなが ら、現政権下でそこまで拡大を許せば、富の不均衡がいまよりさらに顕著なものとなり、上記に見る社会矛盾もまたその厚みを増しながら、燎原の火のように燃 え広がることだろう。
 ところで中共政府は、権力維持のためにこれまで同様厳しい言論統制をおこない、共産党独裁体制の最大の敵である民主化運動を弾圧し続ける一方で、可及的多数の人民の関心と支持を繋ぎとめておくために、人民に対し一見へりくだったものわかりのよい姿勢を見せる場面が増えるだろうが、いずれも上記理由から、表面的で小手先のキャンペーン型懐柔策にとどまる、いや、とどまらざるをえないだろう。
 ※この考え(方)の裏付けとなるバックデータを添えること。
  ・環境汚染の深刻化
    ・大気汚染…とりわけPM2.5
    ・土壌汚染
    ・地下水汚染
    ・沿岸汚染、等
  ・鳥インフルエンザの脅威
  ・食の安全管理の甘さ(あるいは欠落)…地溝油など
  ・著作権、商標等無体財産権の侵害や酷似商品の大量流通…いわゆる海賊版の蔓延
  ・労働者(農民工)の東部大都市からの減少
  ・少子化政策の限界…男女出生比率の不均衡や無戸籍者の増加等のもたらす歪な現状
  ・砂漠化の進行
  ・人口高齢化の顕在化
   (などで分類↑)

 

売国・亡国動向(日本乗っ取り)ならびに反日情況関連記事のまとめ(分類前の時系列リスト)         目次へ
 ・ブログ記事からの拾い出し
 ・関連サイトにリンク

 

波動循環型多様共生社会の創生について〔模索編〕のバックデータのまとめ         目次へ
 ・ブログ記事からの拾い出し
 ・示唆を与える関連サイトにリンク

 

:能の気配、神の気配に関する記事のまとめ         目次へ
 ・ブログ記事からの拾い出し
 ・関連サイトにリンク

 

電子出版に関する記事のまとめ         目次へ

inserted by FC2 system